FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ミュシャのモシャ

       aaDSCN0542.jpg


タイトルを「ミュシャの模写」って打とうとしたのですが、なんとなく韻を踏んでいて面白い感じがしたのでカナカナ表記になっています。・・・、なので、特に深い意味はありません(笑)

今回は絵付けステンドグラスでミュシャ作品を制作することにしました。写真は下書きの状態です。

ガラスに絵を描く場合はいつもそうなのですが、ペンが使えないため、下書きの線の時点で筆を使って描写しないといけません。これが、地味にしんどい。筆でどこまで細い線が描けるのかいつも勝負している気がします。

今から10年前の高校1年生の時に、下地を濃い青で全面塗って、筆とアクリル絵の具の白で対象を描写するという授業がありました。しかも、アクリル絵具を使って塗るのではなく、筆でひたすら細い線でクロハッチングをして描写するという課題内容でした。智内兄助さんの絵を参考にしながら描いた覚えがあります。この時に見た智内兄助さんの絵画に当時かなりはまってしまい、高校生の時に初めて買った画集が智内兄助さんの画集でした。

この時にひたすら筆で細い線を描く訓練をしたから、現在でも筆で細い線が描けているのかなぁとしみじみ感じたりしています。ちなみに、この作品の線は作品と一緒に写っている筆一本だけを使用して描きました。

これからエナメルを使って彩色していきたいと思います♪
スポンサーサイト



No title

さすがに線がきれいですね。
やはり筆で線を描くことはかなり修行が必要ですね。
エナメルの前に調子付けはしないのでしょうか?

No title

>ジュンさん

調子付けもしますよ~♪ただ、今回の作品はエナメルをメインで使用しようと考えています。

私の習った教室の先生は「絵付けはグリザイユですべきで、エナメルは邪道だ」という考えがあって、エナメルは教えてもらえませんでした。そういうわけで、エナメルは独学で勉強するしかなさそうなのです。。。

今回は模写ということで、展覧会に出展するわけでもないですし、この際だから様々なエナメル技法を実験的にできたらいいなぁと考えてるのです♪

No title

グリザイユだけでも各色ありますから何とも言えませんが
せめてステンドグラスの語源になったシルバーステイン
は教えて下さればと思います。
エナメルは少量のサンプルを揃えて焼き見本を作られたら
後々便利だと思います。
電気炉は使わせてもらえるのでしょうか?

No title

>ジュンさん 

シルバーステインは習いました!いろいろな絵付け技法の中でも、私が好きな技法の一つです♪

グリザイユがいいというよりも、古典的な技法を好んでいる感じの先生なんです。この先生は海外でステンドグラスを習われたそうなのですが、その海外の先生から古典技法を重点的に学んだためにそう言う考えに至ったそうです。

エナメルのサンプルは必要ですね。。。塗る前と塗ったあとで印象がこんなにも違うとは・・・。電気炉は使用できる環境にいるため、今のところは使えそうな感じです♪
Secret

プロフィール

ゆたきちザウルス

Author:ゆたきちザウルス
ステンドグラスで現代アートを制作しています♪
ステンドグラス作家協会 会員としても活動しています。
ホームページはこちら
http://yuichiwatanabe.com

まだまだ未熟者ではありますが、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ