FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ステンドの旅 その11 伊豆ステンドグラス美術館

諸事情によりステンドグラスの旅についてが書けない状況でしたが、久しぶりにステンドの旅についての更新です。

スタジオアンビエントにて「本物のステンドグラスを見たことのない」ということを言われ、よく考えるとその通りだったため、神戸で友人に会った後に静岡県にある「伊豆ステンドグラス美術館」へ!

DSCN9985.jpg

なにげに静岡県は人生初めてです。駅のホームには伊豆が舞台らしいアニメのポスターが!

そして、駅から結構歩かなくてなならないらしく、スマートフォンのナビを頼りにし、ひたすら歩く。。。

8月上旬だったため、とにかく暑い!!熱中症になるかと思うくらいだ!しかも、福岡から静岡まで来てしまったため、宿泊グッズを全て持って歩かなければならない!あぁ、到着はまだか・・・。

DSCN9987.jpg

だいぶ歩いてやっと看板が見えてきた!あ・・・あと3分!

DSCN9994.jpg

道中の景色がなかなか良かったため一枚写真に撮ってみました。さすがは伊豆!

DSCN9996.jpg

やっっと到着です!距離はそう長くなかったのですが、暑さがきつかった感じでした。

美術館内は写真が撮れなかったため、写真付きのレビューはできませんが、絵付け作品がほとんどでした。

日本ではなかなか見ることのできない素晴らしい絵付けステンドグラスが多く展示されていて、数時間は見ましたがとても勉強になるところでした。

ただ、ステンドグラスのコラージュのような作品が有り、「現代デザイナーがカジュアルに仕上げた」と書いてありましたが、この作品は酷かった・・・。いろんなステンドグラスの割れたパーツをただつなげただけで、音楽で言うと不協和音になっているというか、ただ雑音になっているだけになっているというか、そんな作品がありました。ステンドグラスで現代アートに挑戦しようとしている私からすれば「これは違うだろ!!」と叫びたくなるほどでした。

ここでは一時間に一回程度、パイプオルガンの演奏とアンティークオルゴールの演奏がされていて、その音色はとても素晴らしいものでした。平日の昼だったため客が私しかおらず、演奏者がパイプオルガンの仕組みなどについて丁寧に説明してくださいました。

どの絵付けステンドグラスもデッサン力が非常に有り、「結局絵を表現するためにはデッサンなのだな・・・。」とこの美術館のステンドグラスを見て思いました。この伊豆ステンドグラス美術館は栃木県に「那須ステンドグラス美術館」という姉妹美術館があるそうだ。そこにも行ってみたいなぁと思いながら青春18切符を使って東京へ!

この日の夜中に東京につきました!
スポンサーサイト



No title

伊豆ステンドグラス美術館ですか、まだ行ったことがありません。

絵付けはやはりデッサン力が無いと難しいですね。

暑い中、お疲れ様でした。

No title

>junさん
 まだ行ったことがなかったんですか~。近々レビューする予定の那須ステンドグラス美術館の方が断然良かったですね。。。

 ここの美術館に行くまで、本格的な絵付け作品というのを見たことがなかったので、その点で新鮮味がありました。

もう寒くなってしまいましたね。ジュンさん、おからだにお気をつけください。。。
Secret

プロフィール

ゆたきちザウルス

Author:ゆたきちザウルス
ステンドグラスで現代アートを制作しています♪
ステンドグラス作家協会 会員としても活動しています。
ホームページはこちら
http://yuichiwatanabe.com

まだまだ未熟者ではありますが、よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ